本文へジャンプ
現在位置: HOME の中の 市政全般 の中の 意見募集・市政への提案 の中の 寄せられた市民の声 の中の 市政のしくみ・窓口など の中の 教育委員会の懲戒処分規程について
プライバシーの保護には十分注意を払い個人情報はもちろん,個人を特定できる情報は削除し,掲載しております。公表期間は6ヶ月です。

市政のしくみ・窓口など

教育委員会の懲戒処分規程について

平成30年03月受付

 教育委員会が体罰について,30日以上の重傷については免職との規程を設けたとのことですが,それよりも,いかに体罰を防ぐかを考えるべきではないでしょうか。


お答えします

 平素より本市教育行政につきましては,ご理解とご協力を賜りありがとうございます。
 本市教育委員会では,「福岡市教育委員会職員懲戒処分の指針」を定め,職員の非違行為に対して,懲戒処分などを行っております。今回,その指針を改訂したものです。
 上記懲戒処分の指針において,「児童,生徒又は幼児に体罰を行った教育職員は,停職,減給又は戒告とする。ただし,当該児童等を負傷させた教育職員は,免職,停職又は減給とし,当該児童等に重大な負傷(治療期間が概ね30日以上のものをいう。)を負わせた教育職員は,免職(考慮すべき事由があるものについては,停職又は減給)とする。」と定めており,重大な負傷に当たらない体罰事案につきましても,事実に基づき厳正に対処することとしております。
 本市教育委員会といたしましては,一連の重大な体罰事案の発生を受けて,「体罰根絶に向けた新たな取組み」を策定,実施しております。具体的には,体罰防止のための特別研修の実施などを通して,福岡市立の学校・園とともに体罰を許さない学校風土の醸成や教員の育成を図り,「体罰によらない教育」の徹底を図ってまいりますので,ご理解くださいますようよろしくお願いいたします。

お問い合わせ
部署: 教育委員会総務部課長(コンプライアンス推進)
住所: 福岡市中央区天神1丁目8の1
電話番号: 092-711-4813
FAX番号: 092-711-4936
E-mail:compliance.BES@city.fukuoka.lg.jp