福岡市 ホームページ

現在位置: HOME の中の 市政全般 の中の 意見募集・市政への提案 の中の 寄せられた市民の声 の中の 子ども・教育 の中の 一般不妊治療費助成の必要書類について
ここから本文
プライバシーの保護には十分注意を払い個人情報はもちろん,個人を特定できる情報は削除し,掲載しております。公表期間は6ヶ月です。

子ども・教育

一般不妊治療費助成の必要書類について

2019年08月受付

 一般不妊治療費助成金の申請に必要な書類として,ホームページや申請書には,法律上の婚姻をしている夫婦であることを証明できる書類(戸籍謄本等)とあります。
 今回,法律上の婚姻をしている夫婦であることを証明できる書類として,居住地で発行可能な住民票にて申請しました。
 しかし,提出書類として認められるのは戸籍謄本のみということで受理していただけませんでした。
 住民票でも,法律上の婚姻をしている夫婦であることを証明できるのではないでしょうか。


お答えします

 ご意見ありがとうございます。
 福岡市一般不妊治療費助成事業の対象者の要件を「助成対象となる治療開始日において,法律上の婚姻関係にある夫婦であること。」(他要件あり)としており,治療開始日に婚姻関係にある夫婦であることを証明する必要があります。住民票では続柄の確認はできますが,婚姻日の確認ができないことから,戸籍謄本(外国人同士の夫婦を除く。)を提出書類としております。
 なお,本市のホームページに「戸籍謄本等」と記載しているのは,外国人同士の夫婦の場合,婚姻証明書を添付書類としているためです。また,申請にあたり申請書の記載や提出書類を確認していただけるよう,ホームページに申請書を作成する際のチェックシートを掲載しております。
 今後とも市政へのご理解とご協力をお願いいたします。

お問い合わせ
部署: こども未来局こども部こども発達支援課
住所: 福岡市中央区天神1丁目8の1
電話番号: 092-711-4178
FAX番号: 092-733-5534
E-mail:hattatsushien.CB@city.fukuoka.lg.jp