本文へジャンプ
現在位置: HOME の中の 市政全般 の中の 意見募集・市政への提案 の中の 寄せられた市民の声 の中の 子ども・教育 の中の 金印「漢委奴国王」シンポジウムについて
プライバシーの保護には十分注意を払い個人情報はもちろん,個人を特定できる情報は削除し,掲載しております。公表期間は6ヶ月です。

子ども・教育

金印「漢委奴国王」シンポジウムについて

平成30年01月受付

 先日からニュースを拝見していて不思議に思うことがあります。福岡市は金印を贋作だと疑っているのでしょうか。もちろん純粋な学説としての論争で,市と関係ない場所での議論なら大いに結構だと思います。今回のことで博物館の入場者数に幾らか寄与する部分もあるでしょうが,それに真贋論争を使うのは残念です。


お答えします

 金印の真贋論争シンポジウムについてご意見ありがとうございました。このたびは,ご不快な思いをさせましたことをお詫び申し上げます。
 今回のシンポジウムのねらいといたしましては,ここ10年余り盛んな真贋論争を通じ,新たに示された金印や中国印章の研究成果および,発見当時の江戸時代の福岡藩の様相などについての知見を広く市民の皆さまにご紹介することにありました。
 今後とも,福岡市博物館では志賀島発見の金印を真印として,多くの皆さまにご覧いただけるよう大切に保存し,公開展示してまいりますのでご理解と協力をお願いいたします。

お問い合わせ
部署: 経済観光文化局博物館学芸課
住所: 福岡市早良区百道浜3丁目1の1
電話番号: 092-845-5011
FAX番号: 092-845-5019
E-mail:museum-gakugei.EPB@city.fukuoka.lg.jp