本文へジャンプ
現在位置: HOME の中の 市政全般 の中の 意見募集・市政への提案 の中の 寄せられた市民の声 の中の 健康・福祉 の中の 福岡市の飲食店での喫煙について
プライバシーの保護には十分注意を払い個人情報はもちろん,個人を特定できる情報は削除し,掲載しております。公表期間は6ヶ月です。

健康・福祉

福岡市の飲食店での喫煙について

平成30年05月受付

 数年前に福岡市に転入してきました。福岡市は街もコンパクトで移動のコストもかからず,非常に住みやすい街だと感じております。
 しかしながら,飲食店内での喫煙が可能になっていることが気になります。福岡市の飲食店での料理はおいしいですし,店員さんのサービスも良く,価格も安く魅力的ですが,飲食店内での喫煙をよく見かけます。これでは,せっかくの料理も台無しですし,海外から来た方もタバコの煙を嫌がりお店に入らなかったりすると思います。福岡市がこれからも魅力的になるよう飲食店での喫煙を原則禁止にするか,店内禁煙にするとメリットがあるような制度を作ってはいかがでしょうか。


お答えします

 受動喫煙の防止については,平成15年以降,健康増進法に基づき,施設管理者に受動喫煙防止の努力義務が設けられ,自主的な取り組みが推進されてきましたが,厚生労働省によると,たばこを吸わない人が8割を超えているにもかかわらず,未だに多くの方が,飲食店や職場などにおいて深刻な受動喫煙の被害にあっているとされており,重要かつ喫緊の課題であると認識しております。
 飲食店に関する受動喫煙防止対策の強化につきましては,現在,国において健康増進法の改正に向けた検討が進められております。福岡市におきましても,2019年のラグビーワールドカップや2021年の世界水泳選手権福岡大会といった国際大会が控えていることから,望まない受動喫煙が生じないよう,受動喫煙を防止するための取り組みを推進していきたいと考えております。

お問い合わせ
部署: 保健福祉局健康医療部健康増進課
住所: 福岡市中央区天神1丁目8の1
電話番号: 092-711-4374
FAX番号: 092-733-5535
E-mail:kenko.PHWB@city.fukuoka.lg.jp