本文へジャンプ
現在位置: HOME の中の 市政全般 の中の 意見募集・市政への提案 の中の 寄せられた市民の声 の中の 道路・交通 の中の 地下鉄箱崎線と西鉄貝塚線との直通運転について
プライバシーの保護には十分注意を払い個人情報はもちろん,個人を特定できる情報は削除し,掲載しております。公表期間は6ヶ月です。

道路・交通

地下鉄箱崎線と西鉄貝塚線との直通運転について

平成30年03月受付

 西鉄貝塚線では2両運転をし,貝塚駅で地下鉄の4両編成の電車と連結して地下鉄線内では6両で運転する計画案を検討していると聞きました。
 同一形式の3両編成の車両に統一した方が,突発的な事態が起きても車両運用の変更が柔軟にでき,ダイヤの回復も早くなると思います。3両編成の車両を導入し,西鉄貝塚線で3両編成,貝塚駅で3両を連結し地下鉄箱崎線では6両編成の運行形態としてはどうでしょうか。


お答えします

 地下鉄箱崎線と西鉄貝塚線との直通運転については,福岡市東部地域の交通体系整備を推進する上で重要な事業と位置づけ検討を行っております。
 直通運転の実施にあたっては,専用車両の導入のほか,既存施設の改修工事に多額の初期投資費用を要します。また,道路や公園などの都市基盤整備事業と異なり,利用者からの運賃収入などを財源として鉄道事業者が負担する仕組みであるため,投資規模が利用者数(運賃収入)の増加に見合うことが不可欠となります。
 これまで,貝塚線から地下鉄線内へ3両編成(新製車両)で直通運転させる運行形態について複数のケース案を検討したところ,いずれの案も貝塚線内を3両編成の運行に対応させるための施設改修工事を始めとして多額の初期投資費用が見込まれましたが,これに見合うだけの収支採算性を確保することが難しく,費用対効果の面において事業実現には課題が残る結果となりました。
 費用対効果の改善のため,貝塚線内は現状通り2両編成対応のままとし,可能な限り既存の施設を活用した運行形態とすることで,初期投資費用の圧縮が図られるよう検討を行っているものです。
 今後とも,地下鉄箱崎線と西鉄貝塚線との直通運転の検討を進めながら,使いやすい公共交通体系の構築を目指してまいりますので,市政へのご理解とご協力をお願いいたします。

【参考】交通対策特別委員会の報告
福岡都市圏における公共交通機関に関する調査(高速鉄道2号線と西鉄貝塚線との直通運転について)
http://www.city.fukuoka.lg.jp/data/open/cnt/3/58141/1/300116-houkoku-chokutsu.pdf

http://www.city.fukuoka.lg.jp/data/open/cnt/3/58141/1/300116-houkoku-chokutsu-sankou.pdf

お問い合わせ
部署: 住宅都市局都市計画部交通計画課
住所: 福岡市中央区天神1丁目8の1
電話番号: 092-711-4393
FAX番号: 092-733-5590
E-mail:kotsukeikaku.HUPB@city.fukuoka.lg.jp